空いた時間で誰でもできる写真を販売する副収入

皆様は休日はどのように過ごしているでしょうか? 友達とのお出かけや旅行などをしている人もいると思います。その中で思い出のために写真を撮る人も多いのではないでしょうか。その写真のなかでも特に映えるものは人に見せたくなりませんか?  そこで今回はその写真を使ってお金を稼ぐ方法をご紹介させていただきたいと思います。  写真を使ってお金を得る方法は基本的には「販売サイト」に投稿して、その写真を買ってもらって稼ぐことが基本となります。この副業のメリットとしては一回アップロードすると永続的に収入が得られることです。例えば1枚35円とすると1000枚売れると35000円にもなり、中には月に50万も稼ぐ猛者もいるほどです。  また一眼レフのような高級なカメラではなく、今では誰でももっているスマホを使うこともできます。もちろん慣れてきたら一眼レフを使い、もっと良い写真をとることでさらに収入アップを見込めます。  では次に具体的な販売サイトを以下に上げます。  まずは「snapmart」です。これはスマホアプリで、サポートも充実しておりインスタ感覚で使えるため初心者におすすめの販売サイトです。登録も簡単で名前・年齢や銀行口座などだけで可能です。写真はスマホでも一眼レフでも良く、個人情報や著作権のみ気を付けるがあります。現在は人物画が良く売れているそうです。また旅先で撮るような風景画は季節ものが売れやすいそうです。しかし誰にでもできる反面、売れるまでに時間がかかるため、コツコツ継続する必要があります。  次に「PIXTA」です。このサイトは個人はもちろんテレビや企業の広告などの法人も購入者となりやすいため、多くの収入が見込めます。先の販売サイトよりも購入者が多いので売れやすいです。一眼レフはABC-C機以上が良いでしょう。収入は写真のサイズで価格が変わります。また投稿に枚数制限があるのでやみくもに投稿することができないようになっています。しかし先ほどの販売サイトと異なり写真の審査があるため、初心者には少し敷居が高いです。この審査は質や著作権について調べられるので一眼レフレベルの方が通りやすくなっています。さらに収入を上げるためには「続けること」が必要になっています(半年、一年ほど)。  最後に紹介するのは「Adobe Stock」というサイトです。このサイトはアメリカに本社を置くAdobe社が運営している販売サイトで、登録時にアメリカの税務署に税務届を行う必要があります(登録含めすべてネット上で手続き可能)。この登録では英語が必要になり、また審査には一週間程度かかります。アップロードする写真の審査も最初は通りにくい印象があります。しかし購入者が世界中にいるため、一度売れれば多くの収入が見込めます。また継続的に売れることが出来れば「Adobe Photoshop」が無償で1年間使えるなどのサポートも得られます。そのため、お金を稼ぎながらスキルを上達させることができます。  もちろん得られた収入は場合によっては確定申告を行う必要がありますが、普段から思い出作りに撮っている写真がお金になるというやろうと思えば誰でもできる収入源です。もし興味があれば普段撮っている写真をちょっとこだわって副収入を得られてみてはいかがでしょうか?

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です