インターネットを使った海外向け転売ビジネスとは

インターネットビジネスで、もっとも知られているのが転売ビジネスではないでしょうか。
こうした転売ビジネスは、もともと古本を対象とした「せどり」として広まりました。この「せどり」は、古本を安く仕入れて、アマゾンやヤフーオークションなど、インターネット上で高く転売することを言います。

なぜ、安く仕入れた古本を、インターネット上で高く転売することができるのでしょうか。
それは、古本に、思いもしない付加価値が付くことがあるためです。たとえば、絶版になったり、人気著者の初版本であったりする場合に、こうした古本に、思いもしない付加価値が付くことがあります。
こうした古本は、流通している品数が少ないため、その分、付加価値が付くことがあるのです。

インターネットビジネスでは、こうした「せどり」の手法を取り入れた、ビジネスが、古本以外の商品にも広がってきました。
その一つが、インターネットを通じた、日本商品の海外向けの転売ビジネスではないでしょうか。たとえば、日本のアニメや漫画などのソフトは、海外では高い人気を誇っています。
こうした日本のアニメや漫画などは、日本国内でなら簡単に手に入りますが、海外では、なかなか購入することができません。インターネットを通じた、日本商品の海外向けの転売ビジネスでは、海外で希少価値を持つ、日本の商品を販売することになります。

最近では、アマゾンやイーベイといった販売サイトを使えば、個人でも、手軽に海外向けの転売ビジネスを行うことができるようになりました。かつてなら、専門の貿易業者でなければ、こうした日本商品の海外向けの転売ビジネスを行うことは簡単ではありませんでした。
しかしながら、インターネットを通じて、個人でも、手軽に海外向けの転売ビジネスを行うことができるようになりました。
もちろん、海外客とのやりとりは、英語が基本となるため、基本的な語学力は必要ですが、最近では翻訳ソフトも普及しており、また、語学が得意な人に海外客とのやりとりを代行してもらうこともできます。

このほかにも、日本商品の海外向け発送を代行してもらうこともできるため、工夫次第では、専門的な知識や輸出ビジネスの経験がなくても、海外向けの転売ビジネスができる環境が整っているといえます。
こうした海外向けの転売ビジネスは、円安で行ったほうが利益が出やすいといわれています。長らく円安が続いているため、今が海外向けの転売ビジネスを行うチャンスともいえそうです。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です