会社員がネット副業を始める前に知っておきたい事

かつて日本では年功序列や終身雇用という制度が存在しており、それなり以上の企業に就職出来れば生涯は安泰でした。というのも会社にいるだけで、年功序列によって自然と地位と給料が上がって行ったからです。しかも終身雇用制度によって、定年までその会社が面倒をみてくれるのが当たり前でした。所が上り調子だった日本経済が停滞を始めた事で、そういった年功序列や終身雇用といった制度は崩壊したのです。今や真面目に会社勤めをしていてもなかなか給料が上がらなかったり、会社の経営状態によってはいきなりリストラされる事も珍しくなかったりします。だからこそ会社員の中には給料の不足分を補ったり、万が一のリストラに備えて、副業に興味を示す人が多いです。インターネットが普及した現在ならば、ネット副業という形でより気軽に副業を始める事が出来ます。 ただし会社員がネット副業を始める前に、知っておくべき事が幾つかあるのです。特にネット副業を始める前に必ず、勤務している会社の就業規則をチェックしなければなりません。公務員が原則として副業が禁止されているのは有名な話なので、会社員でもこの事を知っている人は多いです。ですが注意が必要なのは、一般企業の中にも副業を禁止している所が存在している事だったりします。理由としては業務上知り得た情報が漏洩するのを防ぐためや、副業をする事で会社の仕事の能率が低下するのを防ぐためだったり様々あるのです。そして副業が禁止の場合は、就業規則にその旨が書かれているのでまずはチェックする必要があります。チェックして副業禁止だった場合は、大人しく副業を諦めた方が無難です。副業がバレてしまうと、最悪の場合、会社を辞める様な状況に追い込まれる恐れがあります。 もっともネット副業は、自宅で行える仕事がほとんどです。お陰で自宅でこっそり行えばバレないだろう、と甘く考える人もいたりします。所がネット副業で収入を得ると、税金の問題で会社にバレてしまう可能性が高いです。だからこそネット副業であれば大丈夫だと、思い込まない様に注意する必要があります。 更に会社員がネット副業を行う場合には、きちんと忘れずに確定申告を行わなければなりません。会社員であれば本業の収入に関しては、会社が本人に代わって申告を行ってくれます。ですがネット副業の収入は本業の会社とは無関係なので、自分で申告する必要があるのです。ただし会社員がネット副業で確定申告が必要になるのは、副業の年間が20万円を超えた場合となっています。しかも仮に20万円以上の収入があっても、経費を差し引いた後の金額が20万円以下なら申告する必要がない点も覚えておくべきです。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です