ネット副業の定番はデータ入力

自宅で簡単にできるネット副業の定番は住所録などのデータ入力です。
特に主婦やOLにとって人気がある副業で、求人誌などでも募集されていることが多い仕事です。
私は、クラウドソーシングサイトを通して名刺入力の仕事を半年くらい続けたことがあります。
サイトから配信されてくる名刺の画像を見ながら、テキストボックスに入力していく単純明快なものでした。
残業などの予定が入っていて毎日はできなく、収入は月に1万円台でしたが、本気になって取り組めばまだまだ稼げそうな印象はありました。
データ入力に必要な環境は、パソコン選びと机ですね。
データ入力はノートパソコンでもできますが、操作性やキーボードのタッチ感はデスクトップパソコンと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。
特にキーボード部分の溝が浅いと、操作がしにくいと感じる人もいるかもしれません。
使いやすさを求めて、別売りで販売されているキーボードを購入する人もいるほどで、データ入力では欠かせない要素でしょう。
次に重要なのは、作業する時に使用する机です。
例えば、勉強するためには勉強机があるように、
データ入力も机が合わないと思うように作業が捗りません。
実際にアパートに備え付けてある机で作業していましたが、椅子の高さや机の高さが合わなくてあまり集中できませんでした。
自宅で揃えるのは厳しいですが、できるだけ作業に合う机を使用することをオススメします。
余談ですが、Wi-fi環境が整っている公共施設を利用するのも一つの手段です。
パソコン作業に適しているスペースを無料で使うことも可能なので試してみるのも良いかもしれません。
だが、デメリットもあり特に休日は朝一番で並ぶ気で行かないと直ぐに満員になってしまうことが多いのです。
しかし、その周りも黙々と勉強や作業をしている人が多いので静かな環境ですよ。
次に重要なのは、データ入力をために必要なのは、クラウドソーシングなどのサイト選びです。
これも特徴があって、データ入力の募集が多いサイトが存在します。
データ入力をメインに行いたいのであれば、それに特化しているサイトの利用をオススメします。
データ入力は、相手のクライアント選びが重要と言っても過言ではありません。
インターネット上なので、その中には悪質なサイトが存在します。
受注してから、連絡がつかなくなったり報酬が支払われない被害も存在するようです。
よってきちんとした業者を選ぶことが肝心ですね。
在宅のデータ入力は、月に10万円稼ぐのは難しいと言われていますが、時間のある人で正確に早くタイピングができるようになれば夢ではありませんよ。